プチお買物日記

日々の暮らしと小さなお買物

孫と花火。最近は安全で華やかで煙の少ない花火が出てるんですね

孫たちと、花火を楽しみました



一昔前は怖がって花火を持つのを躊躇っていた孫も
もうすぐ小学生。

落ち着いたものです。大きくなりました。








最近は煙が少ないというのがウリのひとつなんですね。


たしかにその方がいいですよね。



花火の匂いのせいか蚊も来ないような気がしました。

ホントにそうなのか、自信ありませんが😸







ブルマリン Blumarine のオフホワイトジャケット

案外暑い










好きなブランド Blumarineのジャケット。

気に入ってはいるんですが
問題は着る場面がそんなに多くないということなんです。


見た目より暑いです。

夏はもちろん無理にしても、春秋にも結構暑い。
しっかりした素材です。




冬に着ると、白系の色合いが映えて評判は良いです


ただすぐこれがあるのを忘れて、セーターとかを着ちゃうんですよ。

すぐ忘れる。

今年の冬はじゃんじゃん着ようと思います・・

って、今真夏にさしかかったところですけれど😸

趣味の会で出会った女性同士の喧嘩、揉め事

女性グループの敵味方。その構造が分かりにくい 





私が40代になったばかりの頃、ある趣味のサークルに入っていた時期がありました。
5〜6年所属していたかな。

中心の層は60代前後の女性で、男性は全体の30%くらいだったでしょうか。

40代はいちばん若い層で人数も少なく、ある意味とてもやりやすかったです。

所属した5〜6年の間に結構シュールな女性同士の揉め事を傍観し、

びっくりしたのを覚えています。






ある人だけ誘ってあげないとか、口をきかないとか


仲良しさん同士の小さな催しに、ある日突然誘われなくなった!
なんで嫌われたんだろう?

とか

今まで一緒におしゃべりしていた人が離れていって無視するようになった。
何があったんだろう?

などという話は、結構聞きました。

ある一定の人たちの悪口が止まらない、よほど腹が立っているんだろうという光景も。


難しいもんだなあ。

単なる趣味の会なのにどういうことで揉めるんだろ
などと思ったものです。

こちらはなにしろ中心層の方々の娘くらいの歳ですので、
はなから部外者的でした。







部外者ながら思ったのは、ハブられている人の方が、良さそうな人だったりすること


あんな人の良さそうなおとなしい人がハブられて

怖そうな、どんどんクレーム言ってきそうな黙ってない人の方にたくさん味方がつくなんてなんでだろう。

攻撃は最大の防御なりか?

みんな本気でAさんより、Bさんの方に道理があると思っているのかなあ?

などと不器用に考えたものでした。


その後私は仕事が猛烈に忙しくなって、会を抜けてしまったのですが。






あれから30年弱。みなさんどうされているか


少し前、偶然、当時の方のお一人が鬼籍に入られたと聞き、

ご冥福をお祈りするとともに、

20数年前のことを思い出しました。


私も若かったなあ、あの頃は。

あの強烈な女性同士の揉め事を垣間見たことは、
その後の人生訓になったことは確かです。


アイコンの背景をちょっといじってみました



雲と草原










ハート&ハート🩷❤️








ひまわりの小径  (っていう歌ありましたね)









セール!











祝日㊗️









パリの香り





モンステラ






和光WAKO トートバッグ 使いやすい

ちょうど良いサイズで使いやすい







A4ファイルがピッタリ入るくらいのサイズ。
ちょっとした買い物に使いやすいです。

お揃いのポーチもコインを入れるのに便利。

WAKOのロゴもあまり目立たず、シグネチャが気になると言うほどでもありません。



横長のバッグは多く持っているので、時には縦長もいいものです。